Force.com LOGINS – Force.comログイン情報管理用 Chrome拡張機能

January 21, 2011 Appirio

Force.comで開発していると、往々にして知らない間にたくさんのログインアカウントを管理しなければならなくなります。

テキストファイルにID・Password・SecurityTokenをべた書きしてたりしませんか?

私は、ログイン情報をGETパラメタで含むURLをBookmarkに登録しておいて、ログインを簡易化していましたが、人前でログインする際にアドレスバーに表示されたURLで、Credentialが見えてしまう事や、フォルダ分けしているとログインまで何度かクリックが必要になってしまうのが不満でした。

LastPass、1Password等のパスワード管理サービスを利用していた事もありますが、複数アカウントの中から目的の環境用アカウントを目視で探さなければならない、やはりログインまで複数クリックが必要なのが不満でした。

このように、私のような極度に怠慢な人間にとっては、環境を切替える度に何度もログインし直すのは大きなストレスです。

そこで、日々の生活を少し楽にする為に、Force.comログイン情報管理用のChrome拡張機能「Force.com LOGINS」を作りました。

Force.com LOGINSでは、

  • Force.comアカウントに1クリックで、新しいタブにてログインする事が出来ます。(画像 A)
  • Force.comアカウントに1クリックで、新しいウィンドウにてログインする事が出来ます。(画像 A)
  • Force.comログイン情報を、グループ別にまとめて登録しておく事ができます。(画像 A)
  • Security Tokenも一緒に登録しておく事ができます。(画像 B)
  • 目的のアカウントをアカウント名で絞り込む事が出来ます。
  • アカウント情報をXMLで出力・インポートする事が出来ます。(画像 C)
  • 日本語・英語に対応しています。(画像 D)

(画像 A)

(画像 B)

(画像 C)

(画像 D)

尚、ログイン情報はChromeのLocalStorageに格納され、本拡張機能のコード、もしくはデベロッパーツールからしかアクセス出来ません。

Posted by Takasu Toshihiro (Appirio Japan)

【採用情報】アピリオではSalesforce.com(SaaS、PaaS)を中心にクラウドソリューションの開発・要件定義を担当するコンサルタントを募集しています。詳しい募集要項はこちらからご覧ください。

 

 

戻る
CR-48 Chrome notebookがやって来た!
CR-48 Chrome notebookがやって来た!

Appirioでは本日1月23日より4日間、全社員を対象としたカンパニーリトリートをカルフォルニアのナパで開催し、様々なディスカッションや情報共有などが行われています。 本日はUS各地、ジャパンオフィスなど遠方から...

次へ
Firefox add-ons Ubiquity を活用した Force.com での開発
Firefox add-ons Ubiquity を活用した Force.com での開発

Force.com での開発では、Force.com IDE (Eclipse) と Force.com Builder (Web) を頻繁に使用します。 Eclipse はショートカットキーなどが用意されておりス...

アピリオまでお気軽にお問合せください

ご質問はこちら