テックブログ – Tech Blog

クラウドコンピューティングの威力についてアピリオが学んだことをお伝えします

  • Apex 知識ゼロの Salesforce 初心者がバッチ開発担当となったが完成できた話

    Apex 知識ゼロの Salesforce 初心者がバッチ開発担当となったが完成できた話

    この6ヶ月の間で色濃く残る思い出といえば、なんといっても楽しいバッチ開発ライフを送れたことです。Java の知識を持つ私がどのようなステップを踏んで、Apex でバッチを書き上げたのかをご紹介します。

    記事を読む
  • MuleSoft 入門(11)ランタイムログの自動アーカイブ(2/2)

    MuleSoft 入門(11)ランタイムログの自動アーカイブ(2/2)

    今回は、Mule API の本番運用で必要となる Anypoint Platform のランタイムログを定期的にアーカイブする機能を持つ、Mule アプリケーションの実装方法を引き続きご紹介します。

    記事を読む
  • MuleSoft 入門(11)ランタイムログの自動アーカイブ(1/2)

    MuleSoft 入門(11)ランタイムログの自動アーカイブ(1/2)

    今回の記事では、Mule API の本番運用で必要となる Anypoint Platform のランタイムログを定期的にアーカイブする機能を持つ、Mule アプリケーションの実装方法について紹介しようと思います。

    記事を読む
  • MuleSoft 入門(10)Mule API のバージョン管理

    MuleSoft 入門(10)Mule API のバージョン管理

    Mule による API 開発では 3 つのバージョン(アセットのバージョン」、「API のバージョン」、「API リソースのバージョン」)を管理する必要があります。今回はこの Mule API のバージョン管理についてご紹介します。

    記事を読む
  • MuleSoft 入門(9)カスタムポリシーの開発

    MuleSoft 入門(9)カスタムポリシーの開発

    MuleSoft のAPI管理は標準のポリシーの組み合わせで幅広い要件をカバーできますが、場合によっては既存機能の拡張や新機能の定義が必要になります。今回は、「カスタムポリシー」の開発手順についてご紹介します。

    記事を読む
  • MuleSoft 入門(8)ポリシーと SLA

    MuleSoft 入門(8)ポリシーと SLA

    これまで API の実装開発とテストの手法に関して紹介してきましたが、 API は実装したらすぐに運用開始できるというものではありません。今回は、API のアクセス制限の要である API Manager の機能の中でも SLA (Service Level Access)設定 と ポリシー設定についてご紹介します。

    記事を読む
  • MuleSoft入門(7)API開発におけるテストの考え方

    MuleSoft入門(7)API開発におけるテストの考え方

    今回は API 開発におけるテストについて考えていきます。単に動くだけのサンプルアプリを作るだけであれば、簡易的な検証で十分でしょうが、本番運用に耐えうる堅牢な API を開発するためには、一般的なシステム開発と同じように単体テスト、結合テスト、システムテストの 3 つのレベルの検証を実施すべきと考えます。

    記事を読む
  • MuleSoft 入門(6)MUnit による単体テスト

    MuleSoft 入門(6)MUnit による単体テスト

    今回は Anypoint Studio で開発したMuleアプリケーションを JUnit ライクに単体テストできる MUnit をご紹介します。MUnit は Mule フロー定義の検証用に Anypoint Studio の拡張 Plugin として提供されている単体テスト用のフレームワークです。 JUnit と同じようにテストスイートを実行することで単体テストを自動実行できます。

    記事を読む
  • MuleSoft 入門(5)Flow Designer で Mule アプリケーションを開発

    MuleSoft 入門(5)Flow Designer で Mule アプリケーションを開発

    今回はクイックにAPIの開発を行いたいユーザー向けに、Design Centerが提供する Flow Designer を使ったブラウザ環境でのMuleアプリケーションの開発についてご紹介します。Flow Designer を使うことで Anypoint Studio 環境で Muleアプリケーションを作成することに比べて、とても手軽にアプリケーションを開発できます。

    記事を読む
  • MuleSoft 入門(4)DataWeave によるデータ変換(2/2)

    MuleSoft 入門(4)DataWeave によるデータ変換(2/2)

    今回は、より実践的な DataWeave の変換例を紹介しようと思います。変数や関数の利用、典型的な変換パターンを例を交えて説明します。

    記事を読む
  • MuleSoft 入門(4)DataWeave によるデータ変換(1/2)

    MuleSoft 入門(4)DataWeave によるデータ変換(1/2)

    今回は、Mule アプリケーションを介して受け取ったデータ( payload, attributes, variables など)にアクセスし、変換するための独自の MuleSoft 式言語である DataWeave についてご紹介します。

    記事を読む
  • MuleSoft 入門(3)Anypoint Studio による API の実装(2/2)

    MuleSoft 入門(3)Anypoint Studio による API の実装(2/2)

    第3回目では、Mule API 開発の基本的な流れと Eclipse ベースの開発ツールである Anypoint Studio について説明します。前半では Mule API の開発作業全体の流れと Anypoint Studio による API 実装について説明しました。後半の本編では API の実装作業の続きと CloudHub へのデプロイ作業について説明します。

    記事を読む
  • MuleSoft 入門(3)Anypoint Studio による API の実装(1/2)

    MuleSoft 入門(3)Anypoint Studio による API の実装(1/2)

    第3回目では、Mule API 開発の基本的な流れと Eclipse ベースの開発ツールである Anypoint Studio について説明します。前後編の2部構成になっていて、前半はMule API の開発作業全体の流れと Anypoint Studio による API 実装について、後半では API の実装作業の続きと CloudHub へのデプロイ作業について説明します。

    記事を読む
  • MuleSoft 入門(2)ようこそ Anypoint Platform へ

    MuleSoft 入門(2)ようこそ Anypoint Platform へ

    今回は、MuleSoft 上で API を開発・管理するための包括的な機能を提供するクラウド環境である「Anypoint Platform」についてご紹介します。API 主導のシステム連携をサポートするための幅広い機能が単一のプラットフォーム上で提供されています。

    記事を読む
  • アピリオまでお気軽にお問合せください

    ご質問はこちら
  • MuleSoft 入門(1)MuleSoft による API-led なアプリケーションネットワーク

    MuleSoft 入門(1)MuleSoft による API-led なアプリケーションネットワーク

    今回から MuleSoft 入門編ブログをシリーズに渡ってお届けします。このシリーズでは MuleSoft が提唱する API 主導のシステム連携、MuleSoft Anypoint Platform の紹介、Anypoint Studio によるAPI開発の流れ、APIの管理/デプロイ、カスタム開発の方法など、MuleSoft による API 開発の基本から簡単な応用テクニックまでを網羅します。

    記事を読む
  • LWC Local Development を試してみました

    LWC Local Development を試してみました

    2019年10月に発表された Lightning Web Components の新しい開発プラットフォームである Local Development について、その特長と使い方をご紹介します。

    記事を読む
  • Lightning Web Components入門(1)Aura Components からLightning Web Componentsへ

    Lightning Web Components入門(1)Aura Components からLightning Web Componentsへ

    従来のLightning Aura Componentsの課題を根本的に解決するために、よりモダンな技術をベースとした新しいLightning Web ComponentsがSrping'19から提供されることになりました。本稿では、Lightning Web Componentsが登場してきた背景とその特長について説明します。

    記事を読む
  • Lightning Web Components 入門(2)LWCの基本的な構成

    Lightning Web Components 入門(2)LWCの基本的な構成

    今回はLightning Web Componentsの基本的な構成(メタデータ、html、JavaScript)や実装のルールについて説明します。JavaScriptコードなどはAuraコンポーネント時代からかなり変更された要素ではありますが、より簡潔にコードが書けるように進化しているという印象を受けました。

    記事を読む
  • Lightning Web Components入門(3)コンポーネントの実装方法

    Lightning Web Components入門(3)コンポーネントの実装方法

    今回は簡単なサンプル・コンポーネントを通して、LWCの基本的な実装方法とSalesforceサーバーからのデータの取得方法を見ていくことにします。LWCでは新たにWire Serviceというノンコーディングでサーバーからデータを取得できる便利な方法が導入されており、いくつかの方法でサーバーデータを取得できます。本稿ではその特長と使い分けについて解説してみます。

    記事を読む
  • Lightning Web Components入門(4)Salesforce CLI

    Lightning Web Components入門(4)Salesforce CLI

    Lightning Web Componentsの開発はSalesforce CLIを使って行います。今回はこのCLI(コマンドライン・インターフェース)にスポットを当ててみたいと思います。Salesforce CLIは従来はAPIでのみ提供されていたSalesforceサーバーに対する様々な機能をコマンド形式で実行できる環境であり、Winter’18で正式にリリースされました。

    記事を読む
  • loading
    もっと読み込み中...