アピリオ、35 万名が利用する保険代理店向けSoE アプリケーションのHeroku 移行を高難易度にもかかわらず実質7 ヶ月の短期開発で実現

October 1, 2019 APPIRIO JAPAN

[ニュースリリース]

アピリオ、35 万名が利用する保険代理店向け
SoE アプリケーションのHeroku 移行を
高難易度にもかかわらず実質7 ヶ月の短期開発で実現


株式会社アピリオ
2019年10月1日 東京発

ウィプログループの一員であり、ワーカー・エクスペリエンスとカスタマー・エクスペリエンスの向上を支援するアピリオ(日本法人:株式会社アピリオ、本社:東京都港区、代表取締役社長:渡邉 崇、以下 アピリオ)は、SOMPOシステムズ株式会社(所在地:東京都立川市、代表取締役社長 浦川 伸一、以下 SOMPOシステムズ)のユーザー35 万名、画面数約250 の大規模SoE アプリケーションにおける Cloud to Cloud移行を、品質・コスト・スケジュールを厳守しながら実質7 ヶ月という短期開発で実現しました。

SOMPOシステムズでは、保険代理店向け大規模オフィスワークアプリケーションで重大な技術的課題に直面、その解決をめざして同社は Cloud to Cloud 移行を決断しました。PaaS としてHeroku を採用しますが、開発に許された時間は1 年弱。アピリオは実現が困難である短期・高難易度プロジェクトを任され、品質・コスト・スケジュールを厳守しながら、結果的に実質7 ヶ月という短期開発でHeroku 移行を完了。これにより技術的課題は解決。更にランニングコストも大幅に削減しました。

***************

保険代理店向けオフィスワークアプリケーションは、ユーザー数約35 万名、画面数約250 に上る大規模システムです。保険ビジネスを行う上で不可欠な情報を「お知らせ」や「カレンダー」など10 数個のアプリケーションに載せてタイムリーに提供します。このSoE(Systems of Engagement)アプリケーションなくして保険業務は遂行できません。

このアプリケーションは、保険代理店がそれぞれに展開するさまざまな端末からアクセスされています。 SOMPOホールディングスグループ内であれば、その環境を指定して制限することも可能ですが、保険代理店はグループ企業ではないため、環境を指定して制限するのはそう簡単ではありません。そこで SOMPOシステムズでは、今後のことも視野に入れ、代理店の多様なシステム環境からのアクセスを、利便性は維持したまま受容できるよう再構築することに決め、PaaS としてHeroku を採用しました。


Salesforce Heroku、Salesforce Heroku Connect を活用
実質7 ヶ月の開発期間でHeroku への環境移行が完了
利便性は維持したまま、システム管理負荷を大きく軽減


Heroku への環境移行により、代理店の多様なシステム環境からのアクセスを、利便性は維持したまま受容できる環境が整備されるとともに、 SOMPOシステムズ側でのシステム管理負荷が大きく軽減されました。

また、SOMPOシステムズでの Heroku 水平展開という副次効果も生まれました。Heroku の PaaS としての実力に着目、すでに多数のプロジェクトで採用しています。その開発期間は平均6ヶ月、最短で2 ヶ月というものもあり、同社に大きな意識改革とデジタル変革をもたらしました。


アピリオの採用理由
今回アピリオは、以下の4点が評価され本プロジェクトのシステム開発パートナーに選ばれました。

  • 難易度の高い大規模プロジェクトの開発実績を有するシステムインテグレータであった
  • Heroku に精通していた
  • Heroku 移行後のシステム環境を詳細に把握していた
  • キーテクノロジーである Java についてその構造から深く理解していた


アピリオの評価ポイント

  • 開発期間短縮やコスト抑制のための施策として、ストレート・コンバージョンツールを使ったマイグレーションを提案
  • 優れた技術力を持つメンバーを投入、Salesforce と密接に連携しながら質の高いサービスを提供
  • 複数部門にまたがるアプリケーション群を一つのプロジェクトとして全体を統括、整合性をとりながら進捗・課題・リスク管理を強化
  • コンバージョンツールの精度を向上し続け、プロジェクト終盤には最大約95% という高いコンバージョン率で新環境移行を実現
  • 実質7 ヶ月の開発期間でHeroku への移行を完了


今後の展望

  • 結果的に、このプロジェクトでは開発コスト、ランニングコストの削減も実現し、生まれた予算はこのアプリケーションの機能性や利便性を向上する新規開発の原資として確保されています。
  • また、現在進行している同グループの情報システム刷新に、アピリオもパートナーとして携わることになっています。

お客様からのコメント










SOMPOシステムズ株式会社
取締役 副社長執行役員 CTO 小澤 淳 氏

今回、Heroku に精通したアピリオを選んで大成功でした。現在、当グループは情報システムの刷新を進めています。そこでは既成概念にとらわれず、適材適所で先進テクノロジーを選び常にアジリティを重視して臨んでいきます。今回のプロジェクトで当グループのビジネスを理解して頂いたのでアピリオには引き続きパートナーとして携わって欲しいと思っています。











SOMPOシステムズ株式会社
執行役員 兼 損保システム第一本部長/兼 損保システム第三本部長 白羽 隆浩 氏

アピリオは、技術的に秀でたシステムインテグレータであるとともにプロジェクトマネジメント力も卓越しており、Salesforce との連携力ともあいまって一つのチームとして大きな力を発揮していると実感しました。『プロジェクトを必ず成功させる』という強い意志を持って臨んでくれたことをうれしく思っています。


本お客様事例のPDF版はこちらからダウンロードできます。


アピリオについて:

アピリオはウィプログループの一員です。エンタープライズ企業向けのモダンビジネスアプリケーションの開発、最高の人材を引き寄せコラボレーションを加速させ、ひときわ優れたカスタマー・エクスペリエンスを提供するためのツール群をご提供しています。4つの成功〜システム導入の成功、ユーザーの成功、運用の成功、財務の成功(投資効果)〜にフォーカスした、エクスペリエンスを中心に考える当社が立案する顧客の戦略は、価値のギャップを埋め、テクノロジーへの投資効果を実現するお役に立ちます。

2006年創業のアピリオは、Salesforce パートナーの最上位カテゴリーの「グローバルストラテジックパートナー」です。またGoogleとも長期にわたってパートナー関係にあります。これまでにクラウドベースのソリューションを効果的に導入することのご採用を支援した企業は金融、流通、小売、製造、ヘルスケア/ライフサイエンス、教育など3,000社を超え多岐にわたります。当社は投資効果の実現を早める業種別アクセラレーター(導入テンプレート)の構築に投資しています。Salesforce からはイノベーションのための主要パートナーと何度も認められて参りました。また、働きがいのある会社のランキングにも入っています。 


アピリオのリソースハブ:https://hub.appirio.jp/news
アピリオのウェブサイト: https://appirio.jp


【本件に関する報道関係者様からのお問合せ先】
アピリオPR事務局担当:長谷田、稲留
TEL:03-6821-7863 / E-mail:appirio-pr@vectorinc.co.jp

株式会社アピリオ 広報担当: 田辺
TEL:03-6447-1450 / E-mail: jpmarketing@appirio.com

戻れません

次へ
お客様事例 | SOMPOシステムズ
お客様事例 | SOMPOシステムズ

アピリオまでお気軽にお問合せください

ご質問はこちら