コミットするワーカーが素晴らしいカスタマー・エクスペリエンスをデリバリーする

Rashi Bajaj

本ブログは、インド・アピリオのラシー・バジャジュ(Rashi Bajaj)が寄稿した記事を抄訳したものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アピリオはカスタマー・エクスペリエンスの向上に注力しています。私たちはとても真摯に仕事に向き合っており、私たちの開発チームと直接お会いいただくためにお客様をデリバリーセンターにお迎えする時にも全力で取り組んでいます。お客様に開発チームの使うツール、テクノロジー、プロセス、利用ケース、そしてその他の細かくても重要な事柄に触れていただく機会だからです。

インド・ジャイプールにある、アピリオのデリバリーセンターには世界各国からお客様がご訪問されます。今回は日本から日立ビルシステム様をお迎えいたしました。アピリオは日立グループの数社様と長期にわたりお仕事をさせていただいており、Salesfoce とクラウド・テクノロジーのさまざまなプロジェクトに一緒に取組んでいます。ご訪問いただきましたお客様には、アピリオのインドにあるオフショアセンターをご訪問いただき、プロジェクト・マネージメントチームと交流できたことをとても喜んでいただきました。

今回の主目的は、Field Service LightningCPQLightning、プロジェクトマネージメント、その他のセールスフォースのツール を活用した、アピリオのソリューションについての知見を深めていただくことにありました。加えて、お客様を担当する開発チームのメンバーと親交を深めていただくことも目的の一つでした。お客様にはアピリオのジャイプール・デリバリー・センターで、5日間を過ごしていただき、アピリオの提供できるソリューションのご紹介、日本語によるトレーニングセッションなど盛りだくさんのアジェンダをお届けしました。また、インド式の特別なエクスペリエンスもお喜びいただけたことと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のご訪問は、お客様にとって特別なものとなり、ジャイプールで素晴らしい時間を過ごしていただくことができました。訪問の終わりに、アピリオ、そしてアピリオのソリューションについてもっとも良い点について伺いました。

「1つだけ選ぶのはとても難しいのですが、まず1つ目に挙げたいことは豊富な人材です。アピリオのプロジェクト・マネジメント・チームは優秀で、1つのプロジェクトに十分な人材を確保しており、一人一人が技術的にも業種別の知見も持っています。経験年数が2〜3年程度の方々ですら、プロジェクトをとても良く管理してくれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、これはチームワークなしでは実現不可能で、この素晴らしいカスタマー・エクスペリエンスを実現できなかったでしょう。アピリオのオフショアのチームは、2ヶ月前からこのお客様のご対応のための準備をしてきました。お客様と日本語でのコミュニケーションが必須だったため、チームが一体となり英語と日本語の通訳を含めたプレゼンテーションを計画してきました。元々アピリオのジャイプール・ディベロップメント・センター(JDC)に、素晴らしいジャパン CoE (センターオブエクセレンス)チームがあったので、とても効率的にカスタマー・エクスペリエンスのセッションの準備ができました。マーケティング、コンサルティング、ラーニング&ディベロップメントといったさまざまな部門の担当者が、とても印象に残る5日間のアジェンダに真摯に取り組んだことで、緻密なセッションの実現が可能になりました。

カスタマー・エクスペリエンスは、マーケティング部門、営業部門、デリバリー部門いずれかの責任ではなく、部門を超えたチームワークの結果として実現できるものです。これがアピリオの信条です。ジャイプールにいる私達のチームによる準備と対応で、お客様に十分ご満足いただくことができました。

今回ご訪問いただいたお客様に、アピリオのジャイプール・ディベロップメント・センターについて、お楽しみいただけたかどうか、また、どのような点が好印象だったかを伺いました。

「アピリオ JDC は、エネルギッシュで活力に満ちています。ジャイプールのオフィスで感じたことは、物事が速いスピードで解決されているということです。この訪問を通じて、熱心で明るい顔で働いている方々に囲まれたことで、私自身が若返ったように感じました。このセンターに訪問して感じたことは、お客様に異文化を体験させるということだけではなく、日本の文化にも興味を持って、お客様を大切に扱ってくれていること。これはプロジェクトをスムーズに進行する上で必要なことだと思います。JDCにいる日本のトレーニングチームは、今回の訪問のために多大な努力をしてくれました。」

アピリオが提唱する、未だ体験したことのないユニークなエクスペリエンスとカスタマー・エクスペリエンスがつながっていること、その2つのエクスペリエンスには相関関係があり総合的に対処することで、好循環をもたらすのだということを、今回のお客様ご訪問の体験を通して実体験できました。

 

アピリオのエクスペリエンスについての詳細はこちらをご覧ください。

ぜひ、こちら “Transforming Lives Through New Solutions and Beautiful Smiles.”(英語のみ) も併せてご覧ください。

アピリオのリソースハブにも資料が掲載されています。

 
戻る
ナイジェルのご紹介: 会話型 Salesforce Bot
ナイジェルのご紹介: 会話型 Salesforce Bot

NiGEL(Next Generation Engagement Layer)は、Salesforce、Google、Workdayなどのビジネスアプリケーションと連携する対話型モバイルアプリケーションです。

次へ
Heroku Tips (1) Heroku Postgresを参照する
Heroku Tips (1) Heroku Postgresを参照する

Salesforce の Heroku Postgresを参照するいくつかの方法について紹介します。

アピリオまでお気軽にお問合せください

ご質問はこちら