アピリオの企業文化(カルチャー)をお伝えするブログシリーズ 4

October 16, 2019 Megumi Taylor


皆さん、こんにちは。アピリオ採用担当のテイラーです。アピリオの魅力をご紹介するブログシリーズです。

今回は顧客目標に沿った戦略及びソリューションの提供を行っている、シニア・ストラテジーコンサルタントポジションを紹介します。シニア・コンサルタントとして2017年7月に入社し、シニア・ストラテジーコンサルタント職に従事している社員にインタビューを行い、Sr. Consultant職の魅力について語っていただきました。


前職は大手コンサルティンファームに勤務でしたが、社員数50名規模のアピリオへ転職を決める際に不安などはありましたか。 

私の場合、そもそも、社員の数で転職先を選んでいたわけではないので、不安等は全く感じませんでした。今の時代社員数は何の保証にもなりませんし、むしろ、これまでのキャリアで得られた知識やスキルが今のアピリオにどうフィットするのか、そして、その後アピリオとどうやって一緒にステップアップできるのかという点を非常に長く考えました。 

それでも、社員数について考えたことは2つあります。1つ目はクライアント層の変化です。自社の規模が小さくなるということは、ご支援するクライアントの顔ぶれも変わります。同時にクライアントの経営課題も微妙に変化します。そうしたこれまでと異なるクライアントの課題を解決できる知識やスキルが自分に備わっているかどうか、について考えました。 



2つ目は、必要な仕事は全部自分でやる、というような意気込みが自分にあるかどうか、です。アピリオのようなサイズの会社には大企業にあるような細かい分業がありません。私の仕事はここだけ、それ以外は他の誰かの責任という心構えだと、うまくフィットしないであろうことは容易に想像がついたので、ここについても心の準備ができているか自問しました。 





アピリオへ入社して良かった点を教えてください。 



最も良かった点は「自由な社風」の触れ込みに全く嘘偽りがなかった点です。社員の事情や好みに合わせて自由な時間と場所で働くことが認められていますし、そのために必要なテクニカルサポートは全て揃っています。オフィス以外の場所で働くことに対する、ネガティブな圧力も全くありません。私は入社当時の上司に「最も生産的に働けるのがオフィスじゃないと思った場合には、必ずしも出社しなくても良いよ。」と言われました。

 

また、フラットな組織文化についても面接時に聞いていた通りでした。言うべきことは経験年数や職位にかかわらず言うことができますし、どんな意見も全て等しく聞いてもらえます。クラウドテクノロジーのイノベーションの速さについていくためにはそういう文化にするしかない、というのは入社後事後的に気づいたことです。それでも、そういう文化が組織の隅々まで行き渡っていることには今でも感心します。



印象に残っているプロジェクトはありますか。 



クライアントプロジェクトではないのですが、Salesforceのイベント「World Tour Tokyo」に向けた準備が印象に残っています。日本のメンバーだけでなくUSやUKのメンバーとオンライン会議を重ねながら、日本のお客様の目を引くサービスや導入事例をどう揃えて、どのようにお見せするか、日々意見交換を重ねました。 



それまでは、インド・ジャイプールの開発センターを活用したプロジェクトをやったことがなかったので、私にとっては初めてアピリオの海外メンバーとの協業経験だったのですが、世界中にいるアピリオ社員の層の厚さ、経験やスキルの豊富さに非常に驚きました。また、チャット一本でこういったメンバーから直接サポートが受けられるスピード感も他社では経験したことのないものでした。 




どのような方が入社されたら嬉しいですか? 



アピリオが自由な文化を謳歌できるのも、私たちの提供する価値が私たちのクライアントに支持されているからです。逆に言えば、支持されなければ、文化はおろかアピリオ自身も存在することはできません。そう言う意味において、単にアピリオがこれまで培ってきた自由を享受するだけでなく、アピリオと一緒にクラウドの価値をクライアントに広めてゆくことで、アピリオの文化を広めてゆく、そういう思いに賛同いただける方が入社されたら、とても嬉しく思います。 





最後に目標をお聞かせください 



私はクラウドの価値や自由な働き方の意味が世の中でもっと広く理解されれば、日本は今よりもっと暮らしやすい場所になるはずだと信じています。アピリオのビジネスに貢献することで、「働き方改革」のような言葉が死語になるような世の中を作れるよう、アピリオから発信を続けていきたいと思っています。 
 

一緒に働きませんか?

現在弊社では、プロジェクトマネージャー、シニア・コンサルタント、コンサルタント、ソリューションアーキテクト、アカウントエグゼクティブの5つのポジションの採用を行っております。

アピリオの仕事にご興味のある方は、こちらもご覧ください。
アピリオのリソースハブにもさまざまな資料を掲載しています。

戻る
お客様事例 | SOMPOシステムズ
お客様事例 | SOMPOシステムズ

次へ
アピリオ、35 万名が利用する保険代理店向けSoE アプリケーションのHeroku 移行を高難易度にもかかわらず実質7 ヶ月の短期開発で実現
アピリオ、35 万名が利用する保険代理店向けSoE アプリケーションのHeroku 移行を高難易度にもかかわらず実質7 ヶ月の短期開発で実現

SOMPOシステムズ株式会社(所在地:東京都立川市、代表取締役社長 浦川 伸一、以下 SOMPOシステムズ)のユーザー35 万名、画面数約250 の大規模SoE アプリケーションにおける Cloud to Clou...

アピリオまでお気軽にお問合せください

ご質問はこちら