リモートワーク、ためしてみた。

February 21, 2018 Kenta Fujimoto

 

上司からリモートワークの承認を得て、一週間のうち3日間を自宅でリモートワークしてみました。
その状況と気づいた点をリポートします。

=============================================

【月曜日】
Salesforce Chatter(チャター)を通して、社内関係者にリモートでの業務開始を連絡。
PCでもスマホのSalesforceアプリでも、社内Chatterグループに書き込めばまとめて連絡できるのがChatterの長所。

ChatterDesktop
[Salesforce Chatter デスクトップ]

仕事に出かける妻を見送ると、自宅のリビングにPC&拡張モニタを持ち込んで、仕事環境のセットアップが完了。メールを一通りチェックして返信を済ませ、プロジェクトメンバーに Google ハングアウトで状況報告も完了。

HangOut
[Google ハングアウト]

スマホのアプリでGoogle ハングアウトをチェックし、外出先から連絡を取ることも可能。

HangOutApp
[Google ハングアウトアプリ]

PCをチェックすると、Chatterに同僚からメッセージの返信が。社内に連絡が伝わっていることを実感する。
プロジェクトメンバーとはハングアウト、お客様とはメールと電話で連絡を取り、業務を進める。
今のプロジェクトは3社共同で、メンバーもそれぞれのオフィスに分かれているため、Google ハングアウトのグループチャットはメールより手軽で非常に便利。時間と空間を超えてコミュニケーションが取れるインターネットのメリットを実感する。

今回は使わなかったが、Google ハングアウトでは、ビデオ会議と画面共有が可能なので、メンバーとの認識のズレを感じたときには同じ画面を見ながら会話して、ズレを解消することも可能。また参加メンバーが多くなる場合には、より高負荷でも音質/画質の品質を維持できるGoToMeetingをGoogle ハングアウトの代わりに使う。これもリモートでのコラボレーションにおいては力強い味方になる。

VideoHangOut
[Google ハングアウトの画面共有]

プロジェクトの進捗状況、担当タスクの確認を終了して、ひと安心。
プロジェクトの課題管理はGoogle スプレッドシートを使用している。Google版の表計算ソフトと説明すればわかりやすいだろうか。
ブラウザで編集できるため、「ファイルを個人のハードディスクに保存しておく必要が無い」「複数メンバーで同時編集が可能」ということで、チームで仕事を進めるには欠かせない。

ExcelGoogle
[Google スプレッドシート]

Google スプレッドシートの他にも Google スライド(Google版のプレゼンテーションソフト)、Google ドックス(Google版文書作成ソフト)がある。いずれもGoogle スプレッドシートと同様に、1つのファイルを複数メンバーで同時編集でき、デグレードの心配もない。
昼過ぎにGoogle ハングアウトでメンバーから連絡が入る。
クライアントと連絡を取り、リリース作業を前倒しで実施。作業終了を確認してメンバーには帰宅してもらう。
夜には妻が帰宅し、私もPCを閉じて業務終了。
通常なら帰宅途中に気持ちをリセットするが、業務終了と同時に入浴、夕飯と家事に追われるために、いつも以上に夜が慌ただしく感じられる。

【火曜日】
リモートワーク2日目。
業務開始。ワークスタイルは昨日とほぼ同様。
トラブルもなく無事に業務を終える。

【水曜日】
オフィスにて業務開始。
オフィスでするべき事務作業は一通り片付け、業務終了。

【木曜日】
もう一日、リモートワーク。
自宅で働くことに体が慣れてきたこともあり、余裕を持って仕事に取り組むことができた。

【最後に】
リモートワークが滞りなくできた要因としては、普段から業務で使用しているクラウドベースの IT ツール群の充実ぶりである。

また、普段使いのPCが『少年ジャンプ』のように分厚いモノであったなら、PCを自宅まで持ち帰る気にもならないが、アピリオのPCとしてはMacbookが主流なので、ストレス無く持ち運べる点は大きなメリットだと思う。

アピリオは、クラウド専門のコンサルティング企業として、お客様のWorker Experienceの改善と実現を提案・推進している。アピリオの社員自身も、こうした快適な"働く環境"の中に置かれ、優れたWorker Experienceをエンジョイして、より高い生産性を実現している。

働く身としては、非常にありがたい。

=============================================

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を読んでアピリオの一員になることに興味を持っていただいた方は、こちら もご覧ください。

 

 

 

 

戻る
アピリオの新しいステージ、CEOの新しいチャレンジ
アピリオの新しいステージ、CEOの新しいチャレンジ

本ブログは、米国・アピリオのクリス・バービン(Chris Barbin)が寄稿した記事を抄訳したものです。原文 「A New Phase for Appirio, A New Challenge For Its C...

次へ
Facebook
Facebook

アピリオはクラウド連携のグローバルカンパニーです。急成長するビジネスを支え、Facebookサイトに革新を生み出していけるスケールブルなITシステム(12以上のアプリ開発)をForce.com 上に構築。70%のシ...

アピリオまでお気軽にお問合せください

ご質問はこちら