コミュニケーションの効果: デジタル変革に対するビジョン設定

本ブログは CAROL FITZGERALD TYLER が寄稿した記事を抄訳したものです。 原文「The Impact of Communication: Vision Setting for Digital Transformation」はこちらからご覧いただけます。

今は類いまれな時代であり、ビジネスは膨大な変革の課題に直面しています。組織のデジタル変革に対するビジョンを策定することは、これらの課題の1つにすぎません。ビジョンとミッションは、どちらもイノベーションと変革のメッセージを効果的に伝えるうえで不可欠なものです。明確なビジョンやミッションを持つ企業は、概してより効果的に変革の取組みを実践していて、その結果、より多くの優れた人材を確保し、より良い企業文化を持ち、より利益を上げています。
 


一貫したビジョンを定めることは、変化の受容と組織的採用を促進する上で最初の重要なステップです。リーダーには、ビジョンを描き、最後までやり遂げるための最適なアプローチをチームに示す責任があります。Forbes Insights の記事(英文記事)によると、51% の経営陣が、ビジネス変革構想の成功の主な理由としてリーダーの支援を挙げています。

コミュニケーションは、しばしばビジネス変革や組織変更管理に対する最大の課題として挙げられます。人々は、知らなければなりません。ビジョンとは何か? ミッションとは? ロードマップとは? その道筋を示すために不可欠なものは、冗長なスピーチや電子メールではなく、明確かつ簡潔なミッション・ステートメントです。

  • 適切で、タイムリーで、人間中心の、リアルタイムのコミュニケーションを提供すること。
  • さまざまな組織レベルの人々に対して語り掛け、彼らが、自分の考えは評価されている、つまり、意見が届き、積極的に関与し、認められていると知ることのできるメッセージを策定すること。
  • イノベーションや幅広く変化する組織変革を受け入れる方法として、コミュニケーションを活用するようにチームを奨励すること。

強力なコミュニケーション戦略を定めて実行することで、今後の可能性と成果に関するビジョンをサポートする環境が育まれます。あなたの構想と、どのようにすればビジョンやコミュニケーションが円滑な変革に役立つかについて検討しましょう。そして、変革のビジョンを完全に認識することができれば、実行チームと組織全体の両方に、前に進み、人々のモチベーションを高め、開かれたコミュニケーションを促進するための道筋を示しましょう。

ビジョンを設定する準備はできましたか? さあ、対話を始めましょう


・・・・・・・・・・・・

一緒に働きませんか?

現在弊社では、プロジェクトマネージャー、シニア・コンサルタント、コンサルタント、ソリューションアーキテクト、アカウントエグゼクティブの5つのポジションの採用を行っております。

アピリオの仕事にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
アピリオのリソースハブにもさまざまな資料を掲載しています。

著者について

APPIRIO JAPAN

アピリオは、100%クラウドテクノロジーに特化したグローバルコンサルティングファームです。グローバル企業ならではのネットワークと顧客基盤、先進のクラウドテクノロジーにおける経験と知見を基に日本のお客様に変革をもたらしますための努力を惜しみません。2006年米国カリフォルニア州でAppirio Inc.は創業され、日本法人は、その米国Appirio Inc.の初の海外拠点として2008年に設立されました。ラテン語で「uncover 〜 明確にする」、「open 〜 オープンにする」などを意味する単語aperioに由来する社名の通り、それぞれの企業のあるべき姿を明確にし、そこに至る戦略の立案、最適なパブリッククラウド・テクノロジーの組合せを通じて実現し、最適なワーカーとカスタマーのエクスペリエンスを実現するお手伝いをすることをミッションとしています。

Twitter をフォロー Linkedin をフォロー アピリオのウェブサイトへ APPIRIO JAPAN のコンテンツをもっと見る
戻る
チームというパズルを完成させるピースは、4通りの従業員ペルソナ
チームというパズルを完成させるピースは、4通りの従業員ペルソナ

アピリオでは、客観性の維持はチームの成長に非常に重要であることに同意しています。このため、スタッフそれぞれの性格、アイデア、動機に重点を置いています。1つの組織で多くの「合意」を生み出すことでこそ、最高の仕事を達成...

次へ
プロジェクトの範囲を明確にする
プロジェクトの範囲を明確にする

多くのプロフェッショナルサービス組織が、正確なプロジェクト範囲を一貫して策定しようと苦労しています。さらに、これを迅速に行うことが重要な課題です。しかし Estimator を使用すれば、プロジェクトの範囲を明確化...