FOTCD 2019 | 森の学校様 オフィスサポート編

March 25, 2019 Jungsu Ahn

 


皆さん、こんにちは。アピリオの安です。

先日の3月8日、アピリオでは毎年恒例イベント、「Future Of The Cloud Day」(以下FOTCD) が行われました。このブログでその詳細について紹介します。

Future Of The Cloud Day
 

アピリオは「時間、才能、そして技術を活用して社会に貢献し、私たちが住む地域社会全体に測定可能な影響をもたらす」べく、Silver Liningという社会貢献活動を行っております。FOTCDもその一環であり、年に一回、日付を決めて全世界のアピリアン(アピリオの従業員)がボランティア活動に励みます。日本を始め、時間順にオーストラリア、インド、ロンドン、アメリカ各地で活動実況がクラウドに次々上がって、すごく一体感が感じられるイベントです。


今回の活動団体

アピリオJapanは2019年度のFOTCDでも複数のNPO(非営利団体)の活動を支援し、今回私が参加させて頂いた団体は「森の学校」様でした。森の学校様は1993年に始まり、自然体験を通じて自然の恵みの奥深さ、生命の尊さを伝える活動を展開している特定非営利活動法人(NPO法人)です。


ボランティア活動

今回、森の学校様への活動はクラウド活用のススメなどさまざまな側面でご支援させて頂きました。そんな中、私たちのチーム A はパンフレットの郵送作業を担当しました。

森の学校様は今回「都心の子どもたちの自然体験に関する実態調査」を実施し、その結果を報告書とパンフレットにまとめていて、それを東京各地の小学校、幼稚園に送付されるのですが、今回私たちはその郵送作業をお手伝いさせて頂きました。


活動の様子

<ダンボール運び>
郵送するパンフレット、報告書、封筒などのダンボールです。午前中に追加の印刷物が届き、ざっと50個は超えていました。

<分析>
郵送先によって同封物が違ったりしましたので、円滑な作業のためパターン分けが必要でした。また全体作業のボトルネックを把握し対応を考えたりと、作業を効率的に実施するために、普段の仕事さながらに全員で知恵を出し合いました。

<分業>
分析を経て各自モジュール化された作業を遂行しています。

<午前作業様子>
まだまだ残量いっぱいの様子です。

<お昼>
築地市場で、つかの間の休息です。

<午後作業様子>
ご担当の方との行き違いから仕様変更が起こり、急遽リカバリー対応に追われました。

<成果物>
作業の成果物。まだまだあります。

<ぐったり>
残量のダンボールを事務室に運び終えた時点の皆さん。ぐったり感がやばいです。

<終わりに1ショット>
森の学校様も一緒にワンショット

<去り際は美しく>
撤収作業後の様子です。去り際は美しく!

感想

ボランティア活動中に例外処理、仕様変更、リカバリーなど、普段仕事で使う言葉一発で意思疎通が出来るのが面白かったです。与えられた作業をただの単純作業として捉えず、慣れ親しんだ感覚で作業の効率化を測る皆さんがかっこよかったです。誰かさん曰く、”ガチの力仕事” でしたがいい仕事したな、と清々しい気分です。

いかがでしたでしょうか。実は今回が私が入社してから初めて書いたブログです。アピリオの仕事以外の一面を楽しんで頂ければ幸いです。

2019年度のFOTCD活動は、使用済切手の仕分け作業クラウド技術支援一円玉募金などもあります。
読んで頂きました通りアピリオは社会貢献にも励み、かつ面白い日々を過ごしています!



・・・・・・・・・・・・・・・

アピリオで一緒に働いてみませんか?
 

現在弊社では、プロジェクトマネージャー、シニア・コンサルタント、コンサルタント、ソリューションアーキテクト、アカウントエグゼクティブなどのポジションの採用を行っております。

アピリオの仕事にご興味のある方は、こちらもご覧ください。

アピリオのエクスペリエンスについての詳細はこちらをご覧ください。

アピリオのリソースハブにもさまざまな資料を掲載しています。

戻る
FOTCD 2019 | Free The Children Japan様
FOTCD 2019 | Free The Children Japan様

フリーザチルドレン様がサポートするプロジェクトで、1円玉を2,500枚集めて、たくさんの人々に衛生的な水を供給できるよう支援するものです。募金はインド・ラジャスタン州、ラジスマンド地区の水・衛生支援事業のために使わ...

次へ
ペルソナを用いてより良いエクスペリエンスを
ペルソナを用いてより良いエクスペリエンスを

以前のブログCRMを成功に導くために(全3回) | 最終回 CRMを成功に導く戦略立案で戦略立案には、スコープ定義、評価、最適化、展開の4ステップがある、とご紹介しました。書けば単純な4ステップのアプローチですが、...