IBM ifundIT – 社内クラウドファンディングと社外クラウドソーシングの活用事例

July 1, 2015 Iwasaki Teruyuki

ibmbluemix

形式主義の排除――これは、IBMのCIOジェフ・スミスの信条です。ウォール・ストリート・ジャーナルの最近の記事「IBM CIO Pushes Leadership Down the Ladder」は、企業文化および実行面についてのジェフの哲学と、IBMで現在起きているイノベーションへの影響が詳しく記されている素晴らしい記事です。キーとなる文章を引用します。

彼はこれら4つの事柄を基本として企業文化をつちかおうとしている。「明確さは正確さに勝り、方向修正は完璧さに勝り、自発的に動くチームは命令と支配に勝り、イノベーションは少数の選ばれた者ではなく皆のものである。」とスミス氏は言った。

IBMは「イントラプレナー(社内起業家)」的な実行の文化を作ることに成功し、クラウドソーシングの力を様々なユニークな方法で使いながらイノベーションを加速させています。

 


※英語のみ

ご想像の通り、イントラプレナーシッププログラムの成功には運営管理が重要で、IBMのものはその世界最高の例かもしれません。

IBM ifundITプログラム: クラウドファンディング + クラウドソーシングで高速実行

IBM ifundITはIBMのエンタープライズ・クラウドファンディング・プログラムで、社内のイノベーション促進に活用されています。世界中のIBM社員が、業務改善のためのアプリケーション作成に対して出資することができる仕組みです。アプリケーションには、ソーシャルメディアに影響力のある社員を見つけるものや、社内アプリが仲間の社員にどのくらい大きな影響を与えるのかを分析するものなどがあります。IBMのifundITプログラムは、彼らの頭にある多くの伝統的なITプロセスを吹き飛ばし、素晴らしい結果を生み出しています。彼らの方法論は新しいものですが単純です。

  1. アイデアを思いついた社員は、ifundITに登録します。
  2. IBMの社員ならだれでも、今どのようなアイデアが登録されているのかを調べて、各自に支給されている社内通貨 IBMドルを使って自分が一番良いと思うアイデアを支援できます(Kickstarterのようなクラウドファンディングを企業内で行うと考えるとわかりやすいでしょう)。
  3. 目標額を集めたアイデアについてはMVP(実用最小限の製品)を作ることができます。アイデアを形にするための仕組みとしてアピリオのクラウドソーシングソリューションが使われています。

ifundITをリーンでアジャイルなプログラムとするためには、イノベーションを形にする段階は非常に重要ですが、ここでアピリオのコミュニティーに属する80万人以上のデザイナーと開発者がIBMを手助けします。IBMのイントラプレナーは必要に応じてデザインおよび開発の人材にオンデマンドでアクセスできる特典を得ています。これら人材の支援を得て、紙上のものであった彼らのアイデアはいち早く実行可能なものになるのです。ifundITの目標はIBMerが投票したアイデアから、デザイン、ワイヤーフレーム、プロトタイプ、そしてMVPの状態へ8週間でスプリントを回すことです。クラウドソーシングの助けを得ることで、彼らは実行期間の目標を達成することができるのです。

IBM Bluemixデザイナー・開発者軍団の結成

ifundITはIBM内で人気のプログラムであり、成長し続けています。2014年12月以来、IBMはアピリオのクラウドソーシングソリューションで35以上のモバイルプロジェクトをデザインしてきました。最近、IBMはSpring Into Bluemixと呼ばれる4ヶ月間のデザインと開発のチャレンジシリーズを発表しました。アピリオのクラウドソーシングソリューションを活かすため、50万ドル以上の賞金が用意されています。

アピリオはSpring Into Bluemixチャレンジシリーズを行い、80万人以上のアピリオのメンバーコミュニティーにBluemixを正式に紹介することで、IBMがクラウドのエコシステムから優秀なデザイナーと開発者を集めることを支援していきます。IoTアプリ、Watsonを使った認知系のアプリ、ビッグデータを視覚化するアプリなど、多くの創造的なアプリが開発されることを期待しています。

IBM Bluemixについてもう少し

この取り組みをイントラプレナーシップとifundITに再び結びつけるため、Bluemixについての追加情報と、なぜWatsonを始めとするIBMチームがこのプログラムに参加しているかをお伝えします。

IBM BluemixはクラウドのPaaS(Platform as a Service)であり、Cloud Foundry、Docker、OpenStackの上で動いています。幾つものプログラミング言語やサービスをサポートするとともに、クラウド上でアプリケーションをビルド、実行、デプロイ、管理するDevOpsとも統合しています。BluemixはJava、Node.js、Go、PHP、Python、Rubyをサポートしていますが、他の言語へのサポート拡大も容易に実現可能です。BluemixはMBaaS(Mobile Backend as a Service)も提供します。目標はアプリケーションのデリバリーを単純化することであり、そのために、すぐに使えるサービスと、ウェブスケールでのデプロイを可能にするホスティング性能を提供します。

次のフェーズ、つまりデザイナーと開発者の兵士達がパワフルなBluemixのクラウドプラットフォームの動かし方を真に理解した時、スケールがすべてになります。IBMはifundITを拡張していく中で、彼らは帯域を大幅に拡張してBluemix上で構築されたソリューションに対する需要の高まりに応えられるような、才能のあるデザイナーと開発者を必要とします。我々アピリオのコミュニティーはこのSpring Into Bluemixチャレンジシリーズを通じて彼らとともに成長していきます。コミュニティーが成長し新しい技術をマスターしていくとともに、あなたのデジタルイノベーティブをより良く実行するためにクラウドソーシングを使う機会も増えていくことでしょう。

本記事は翻訳記事です。原文はこちら(英語)をご覧ください。


イベント開催のお知らせ

『トップコーダーオープン TCO15 in Tokyo』

アピリオは、競技プログラミングとハッカソンを含むオンサイトイベントを7月18日(土)に開催します。詳細情報および参加登録はこちらをご覧ください。

 

戻る
7月2日 世界同時にアピリオメンバーが各国のNPO支援活動を!
7月2日 世界同時にアピリオメンバーが各国のNPO支援活動を!

昨日7月2日は世界のアピリオメンバーがそれぞれの地域でNPO団体の活動を支援する”Future of the Cloud Day”の日でした。 サンフランシスコ、インディアナポリス、シカゴ、ニューヨーク、ロンドン、...

次へ
クラウドソーシング × データサイエンス
クラウドソーシング × データサイエンス

Appirioが運営するグローバルクラウドソーシングコミュニティ topcoderには、デザイン、ソフトウェア開発、データサイエンスの三分野がありますが、今回はデータサイエンスの分野を紹介したいと思います。「クラウ...