A Day In The Life At Appirio Japan 1 | アピリオジャパンでの日常〜はじめに〜

March 26, 2019 Takashi Watanabe



(写真:2018年9月に増床されたオフィス新フロアにて)


はじめに

こんにちは、アピリオの渡邉です。社内にワタナベは現在2名いるのですが、日本の代表をやらせて頂いている方のワタナベです。僕がアピリオに入社して3年と3ヶ月になり、ようやく会社の色々なことが見えてきたのでそろそろブログでも書いてみようかと筆を執ることにしました。

ビジネスのもっとフォーマルな文章であれば私とすべきところでしょうが、ブログではもう少しくだけた感じで行きたいので日常的に使っている僕とさせて頂きます。

色々と考えたのですが、僕はいつも外部の方とお話するときは会社の戦略や方向性などについてお話させて頂くことがほとんどなので、ここでは会社のカルチャーや、日本法人の状況について本編含め全5回シリーズで書きます。

A Day In The Life At Appirio Japan 〜アピリオジャパンでの日常〜
全5回シリーズのテーマ

  • A Day In The Life At Appirio Japan 1  | アピリオジャパンでの日常〜はじめに〜
  • A Day In The Life At Appirio Japan 2  | アピリオとの出会い
  • A Day In The Life At Appirio Japan 3  | アピリオ入社後の展開( スピード〜AGILE )
  • A Day In The Life At Appirio Japan 4  | アピリオでの仕事のしやすさ( 効率的〜PRODUCTIVE )
  • A Day In The Life At Appirio Japan 5  | アピリオの企業文化( コミット〜ENGAGED )

第3回目〜第5回目のキーワードは、アピリオの提唱するバーチャス・サイクル(VIRTUOUS CYCLE)という考え方における理想的なワーカー・エクスペリエンス実現のための3つのキーと同じです。

バーチャス・サイクルについてはこちらをご覧ください。


仕事をする上で重要なこと

第一回目の本編は、僕がアピリオに入社するに至った時のエピソードを少し書かせていただこうと思います。

僕は大学を卒業後、日本の大手証券会社に入社しました。かなり旧態依然とした超日本的な企業でした。その後日米大手企業による合弁ベンチャーを経て、それ以降は20年以上ずっと外資系企業で仕事をしてきました。ずっと外資系企業勤務というと、ある種のステレオタイプでイメージされるかもしれません。しかしひとくちに「外資系」と言っても会社ごとにかなり違いがあります。



制度や社内システムも多岐にわたりますが、なによりも違うのが企業文化・企業風土ではないかと思います。1日の三分の一を過ごす職場のカルチャーや一緒に働く人たちというのは、仕事をする上でとても大切な要素です。よく外資系はドライであるとか、実力主義が徹底していてup or outの恐ろしい世界だ、というイメージを持っている人も少なくないと思います。

繰り返しになりますが、実際のところそれは会社によって全く異なる、というのが僕の経験上のイメージです。

続きは、「 A Day In The Life At Appirio Japan  2」をおたのしみください。


 

・・・・・・・・・・・・・・・

アピリオで一緒に働いてみませんか?

現在弊社では、プロジェクトマネージャー、シニア・コンサルタント、コンサルタント、ソリューションアーキテクト、アカウントエグゼクティブなどのポジションの採用を行っております。
アピリオの仕事にご興味のある方は、こちらもご覧ください。

アピリオのエクスペリエンスについての詳細はこちらをご覧ください。
アピリオのリソースハブにもさまざまな資料を掲載しています。

著者について

アピリオ日本法人 代表取締役社長。米国本社ヴァイスプレジデントを兼務。2016年1月より現職。宮城県仙台市出身。愛器はGibson DG-335, Fender Stratocaster, Ovation Elite, Martin Backpacker。最近のお気に入りはGary Clark Jr.です。オフィスで仕事に集中したい時には、グレン・グールドが弾くゴルトベルク変奏曲(81年版)を延々と流しています。

Takashi Watanabe のコンテンツをもっと見る
戻る
A Day In The Life At Appirio Japan 2  | アピリオとの出会い
A Day In The Life At Appirio Japan 2 | アピリオとの出会い

アピリオ日本法人社長の渡邉が、A Day in the Life” at Appirio Japan 〜 アピリオジャパンでの日常 〜と題しまして、アピリオのカルチャーや日本事業の成長へ向けた取り組みについて全5回...

次へ
Salesforce の最適な保守方法: 社内かパートナーか
Salesforce の最適な保守方法: 社内かパートナーか

世界中のITチームは、ユーザーの目まぐるしく変わる要求に対応しようと悪戦苦闘しています。Salesforce 関連の適切な人材を確保するために、企業はどうすればよいでしょうか。ここでは、最適な人材を確保する方法と、...

アピリオまでお気軽にお問合せください

ご質問はこちら