最新のガートナー・レポート、クラウド・ソーシングが企業のアプリケーション開発部門に与える事業上の強みを評価

April 20, 2014 Appirio

報道関係者各位
2014年 04月 21日
株式会社アピリオ
最新のガートナー・レポート、
クラウド・ソーシングが企業のアプリケーション開発部門に
与える事業上の強みを評価
2014年4月10日サンフランシスコ発
クラウド・サービスのコンサルテーション事業を世界的に展開するAppirio(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ市、以下 アピリオ)は、2014年3月31日発表の最新のガートナー・レポート(原題:Use Crowdsourcing as a Force Multiplier in Application Development)が、アピリオが提供する[topcoder](TM)プラットフォームおよびそのコミュティについて言及したことを発表しました。このレポートは、クラウド・ソーシングの意義について、「アプリケーションのアーキテクチャ開発者が、様々なクラウド・オペレーティング・モデル(拡張性のあるもの、柔軟性のあるもの、シェアード、サービス・ベース、メーター制課金型、およびインターネットテクノロジを通じて提供されるモデル等)を活用し、カスタム・ソフトウェアの開発と提供に役立てられる」ことであると述べています。
アピリオは、クラウド・プラス・クラウド・モデル(crowd+cloud)のソリューションを提供しています。アピリオは、[topcoder]プラットフォームおよび60万人の設計者、開発者、およびデータ・サイエンティストが構成する[topcoder]コミュニティを通じ、お客様が最も優れたアプリケーションのアーキテクチャ開発者およびIT関連技術者の専門知識を活用し、お客様の事業運営に対し、より大きな迅速性、革新性、およびパフォーマンスを実現できるように支援を提供します。

また、当該ガートナー・レポートは、クラウドソーシング・モデルが、短期間で成果を出す必要があり、かつ最先端の技術専門性を必要とするプロジェクトに最適であると述べています。

ガートナー・グループのvice president of application platform strategies、Eric Knipp氏は、レポート内で、クラウド・ソーシング業界の急速な成長は、エンタープライズ内でのアプリケーションの開発が継続していることを示すものだと述べています。

ガートナーの調査が示す通り、ガートナーの顧客企業は、クラウド・ソーシングが、非正規社員の増員や正規社員の採用数増加への主要な代替策であると報告しています。多くの企業が、クラウドソーシング・プロジェクト向けに予算を確保する方が、社内の人員数および人件費を増大させるよりもよほど容易であることを認識し始めています。クラウド・ソーシングの採用によって、お客様は世界一流の開発者のサービスを容易に受けられるようになるため、その成果は社員の雇用よりも大幅に早期に達成できます。

お客様からのコメント
Brian Bednarek氏(MESH01、 CEO):
「[topcoder]は開発プロジェクトを推進する際、柔軟性を我々に提供してくれました。[topcoder]が3ケ月という期間内に達成した成果は、本来であればおよそ15人の正社員を必要とするものでした。従来の半額の予算で、品質を犠牲にすることなく、無限の開発リソースによって新しいプラットフォームを開発する機会が得られるのですから、どのような企業のトップでもそのようなチャンスには飛びつく筈です。」

Lee Odess氏(Brivo Labs、general manager):
「Brivo Labsは、[topcoder]を使用して、クラウド・ソーシングにより競合他社を凌駕し、お客様のユーザーエクスペリエンスを向上しました。大きな構想を短い期間で実現したかった我々は[topcoder]を選択しましたが、その結果、別候補であったソリューションと比較して40パーセントのコスト削減を迅速に達成できました。」

アピリオ・コメント
Narinder Singh (president of[topcoder]and co-founder of Appirio):
「我々はガートナーのクラウド・ソーシング市場全体に対する深い分析と、クラウド・ソーシングが生み出すビジネス・チャンスに対する評価を歓迎しています。多くの企業にとって、近年の技術変遷のスピードは恐るべきものでしょうが、クラウド・ソーシングによって我々のお客様は常に技術の最先端を活用し、インフラの柔軟性を維持することができるため、競合他社を凌駕できます。アピリオは、我々のお客様がその潜在力を余すところなく発揮し、技術革新こそが成功を主導する(innovation drives success)将来を邁進していくための支援を提供していきます。」

追加情報:
● 最新のガートナー・レポートは以下のリンクをご参照ください。:“Use Crowdsourcing as a Force Multiplier in Application Development”

● MESH01に関する[topcoder]の採用事例に関するビデオは以下のリンクより閲覧可能です。: working with [topcoder]

● アピリオに関する詳細情報は、以下のリンクをご参照ください。:crowdsourcing application development eBook

アピリオについて:
アピリオは、クラウド・サービスのコンサルテーション事業を世界的に展開しており、世界で最も優れた専門性へのアクセスを提供することにより、お客様のプロジェクトを従来の数年単位から数週間単位にまで劇的に削減します。60万人の専門家集団が集うAppirioの[topcoder]コミュティおよび[topcoder]クラウドソーシング・プラットフォームは、お客様社内の事業部門および技術部門の専門性をも活用しながら700社を超えるエンタープライズを支援し、技術および事業の革新を実現しています。アピリオは2006年に設立され、Apria、コカコーラ、eBay、Facebook、日本郵便株式会社、ロレアル、NetApp、フォーシーズンズ・ホテルズ&リゾーツおよびVirgin America等の世界的な優良企業がその主な顧客および協業先として挙げられます。

[topcoder]について:
[topcoder]コミュニティは、設計、開発、およびデータ・サイエンスに関する世界中の専門性が集結したコミュニティで、課題に満ちた様々な問題の解決に高い意欲で取り組む有償活動を行う専門家の集まりです。このコミュニティは、メンバーが互いにスキルを向上し、実践し合い、その専門性に対して報酬を得る場であり、業界に対しては、新興するテクノロジに対する客観的な洞察力を提供する場となっています

戻る
アピリオ、IDC MarketScapeでSalesforce導入におけるリーダープロバイダーとしての評価を獲得

2015年5月6日 サンフランシスコ発 エンタープライズクラウドソーシング事業を世界的に展開するAppirio(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ市、CEO(最高経営責任者):クリス・バービン、以下アピリオ...

次へ
アピリオの2012年決算、力強い成長続く、2013年はHCMとクラウドソーシングへの投資拡大 [プレスリリース]

報道関係者各位 2013年 3月 5日 株式会社アピリオ アピリオの2012年決算、力強い成長続く 2013年はHCMとクラウドソーシングへの投資拡大~2012年は大幅な顧客増、Knowledge Infusion...

アピリオまでお気軽にお問合せください

ご質問はこちら